Quickly Travel | Dicas de Viagem (2017)

旅行情報

 

旅行に必要な手続き&情報などをご紹介

オンラインチェックイン

多くの航空会社では、チェックインをオンラインで事前にすることができます。下記に、各航空会社のオンラインチェックインのページをご案内します。

 

*クリックをして、チェックイン行ってください。













Gol


KLM







TAP


搭乗のための身分証明書

ブラジルでは、国内線の搭乗の際も、身分証明書の提示が必要です。身分証明書はオリジナルであることが義務付けられておりますので、必ずオリジナルの書類をお持ちください。認証があっても、コピーの書類は無効ですのでご注意ください。

ブラジル国籍以外のお客様

ブラジル国籍以外のお客様は、各書類の有効期間を確認の上、以下の書類の中の1つをご提示ください。

• パスポート
• RNE
• 外交官・領事身分証明書
• ブラジル国内旅行の場合、連邦警察局に発行された外国人登録証申請の仮証明書が、その発行日から最大180日の間、登録証原本の代わりとなります。

荷物

預入れ荷物

国内線で31席以上がある飛行機ではお客様1人(大人または子供)につき23kgまでの荷物を持ち込むことができます(荷物制限)。総重量がこの限度を上回らなければ、1つ以上のお荷物を預けることもできます。重量が制限を超える場合、預け入れ荷物の輸送は、航空会社の承認または超過重量の請求対象となります。

機内持込み荷物

乗客用キャビン収納スペースや座席の下に収納できる大きさでなければいけません。制限を超える場合、超過料金を課せられる場合もあります。荷物は他のお客様に不快感を与えず、また、身体的に危害が加わらないよう適切に収納される必要があります。

制限

機内には刃物類、鋭利な物(爪切りやナイフなど)を持ち込むことができません。これらの物品は預け入れ荷物にお入れください。

預入れ荷物

ブラジルの規定はブラジル発の便に適用される一方、ブラジル以外の国発の便に関しては、出発地のルールが適用される場合があります。目的地により、個数あるいは重量の2つのタイプで荷物制限がされる可能性があります。
航空会社、旅行地により規定が異なりますので、事前にお問い合わせください。

機内持込み荷物

 個機内持込み荷物はキャビンの荷物収納スペースか座席の下に収納ができる必要があり、そのサイズ合計は縦・横が・高さの合計115cm以内でなければいけません。
重量制限については、各航空会社へお問い合わせください。

制限

国際線では、液体の機内持込み制限があります。
ジェル、ペースト、クリーム、スプレーや同様のものを含むすべての液体は、100mL以下の量は瓶、最大1リットルの量は、20cmX20cmのサイズを超えない密閉された透明ビニール袋に入れる必要があります。
100mL以上の瓶に入った液体は、瓶が一杯になっていなくても機内持込みをすることができません。
瓶は、完全に密封された透明ビニール袋に適切に入れられる(ゆとりを持って)必要があります。
プラスチック袋は、乗客のセキュリティチェックで係員に提示する必要があり、乗客1人に1枚のプラスチック袋のみが許可されます。規定は、国内線でも適用される場合があります。

注意

免税店や飛行機の中で買った液体は密閉されたビニールで梱包されており、見えるところに領収書(日付は飛行開始と同じ日である必要がある)があれば、搭乗した、あるいは、乗り継ぎの乗客に対して定められた限度を超えることができます。
医薬品(医師の処方箋がある)、乳幼児の食べ物、特別食事療法の液体は、全飛行中(乗り継ぎを含む)に必要な量を持ち込むことができますが、セキュリティチェックの際、係員に提示する必要があります。

機内持込み荷物はキャビンの荷物収納スペースか座席の下に収納ができる必要があり、そのサイズ合計は縦・横が・高さの合計115cm以内でなければいけません。

重量制限については、各航空会社へお問い合わせください。

一般スポーツ用品(サーフボード、自転車など)、楽器やその他の特別な荷物は、一般の荷物と同様、荷物制限に含まれます。詳細は、航空会社または旅行会社へお問い合わせください。

旅行の注意点

1)  航空会社により定められた時間にチェックインカウンターで手続きを行ってください。チェックインの時間は、事前ににお問い合わせ下さい。目的地との時差、また、ブラジルのいくつかの州での夏時間にご注意ください。チェックイン後、搭乗券に記載の搭乗時間、ゲートをご確認ください。

2) 旅行にとって必要な書類一式をご確認ください。幼児や未成年の搭乗手続きについては、特別な書類を要する場合がございます。必ず事前にお問い合わせ下さい。国外への旅行の場合、パスポートとビザの有効期限を確認することもお忘れなく。

3)  特別の手配を必要とするお客様(付添いのいないお子様、妊婦、60歳以上の高齢者、乳児や子供連れのお客様、身体障害者)は、補助が受けられるよう、48時間前までにに航空会社または旅行会社へご連絡ください。

4) 到着の際、荷物が容易に識別できるよう、氏名及び住所の明記があるタグをお付け下さい。空港滞在中、荷物から目を離さないようお気を付け下さい。  

5) 宝石、現金、電化製品(携帯電話、PC、タブレット、ビデオカメラなど)などの貴重品を含む荷物を預けることはお避けください。貴重品は、機内持ち込み荷物としてお持ち頂くことをお勧めします。

6) 国内線で座席が31席以上ある飛行機ではお客様1人(大人または子供)につき23kgの荷物を預けることができます(荷物制限)。総重量がこの限度を上回らなければ、1つ以上のお荷物を預けることもできます。国際線の荷物制限については各航空会社により規定が異なりますので、事前にお問い合わせください。

7) 国内線では機内持込み荷物のサイズ合計(高さ+長さ+横幅)が115cm、総重量が5kgまでと定められています。国際線に関しては、航空会社または旅行会社へお問い合わせください。

8) 一般スポーツ用品(サーフボード、自転車など)、楽器やその他の特別な荷物は、一般の荷物と同様、荷物制限に含まれます。

9) 自分の荷物ではない物や中身がわからない物は運ばないでください。

10) 機内に書かれている、もしくは、乗務員により伝えられる注意事項を厳守してください。

医療

参照: www.anvisa.gov.br

既往症状がある場合には、必ず担当医にご相談ください。

急性感染症に感染している場合はご旅行をお控え下さい。医師処方箋による服薬の必要がある場合、全行程中に十分な量の医薬品の処方箋を入手し、予めご準備下さい。旅行先で、その国の医師の処方箋なしに医薬品を入手できるとは限らず、医師の処方箋なしに医薬品を他国に持ち込むことができるとは限らないからです。

ブラジルと、公的医療機関でブラジル人のアテンドがされるよう二国間協定を維持している国もあります。ヘルスケア権利証明書についてのより詳しい情報は次のサイトをご覧ください。http://sna.saude.gov.br/cdam/

予防接種

黄熱病予防対策として、入国に際し、黄熱病予防接種の証明書の提示が義務付けられている国があります。詳細は次のサイトからアクセスしてください。https://www.forth.go.jp/useful/yellowfever.html

黄熱病の予防接種は、旅行の10日前までに接種の必要があります。この予防接種カードは、予防接種を受けることができる医療機関で受け取ることができます。予防接種のロット番号と接種した場所が記載されている必要があります。

「国際予防接種証明書(CIVP)」の発行には、国内予防接種証明書と写真がある正式な身分証明書を持って、Anvisa(国家衛生監督庁)行く必要があります。

国際証明書は、黄熱病の予防接種日から数えて10日後以降に有効となります。Anvisaでの手続きを潤滑に行うため、次のアドレスにアクセスし、港湾、空港や国境の情報システムで登録することができます。

http://www.anvisa.gov.br/viajante

予防接種は、その効力を発するまでに10日から6週間必要です。旅行が決まったら、前もって予防接種を受けることが必要です。

NEWSLETTER

Cadastre-se para receber a nossa newsletter

* Nome
* E-mail